トップ各種規則>5.羽島郡二町教育委員会表彰規則取扱要項

5.羽島郡二町教育委員会表彰規則取扱要項

5.羽島郡二町教育委員会表彰規則取扱い要項

 

昭和56年8月19日一部改正 教育長裁定

平成元年2月14日一部改正 教育長裁定

平成9年4月1日一部改正 教育長裁定

平成13年3月29日一部改正 教育長裁定

平成14年3月15日一部改正 教育長裁定

平成16年10月5日一部改正 教育長裁定

平成17年9月12日一部改正 教育長裁定

平成18年7月1日一部改正 教育長裁定

 

1 羽島郡二町教育委員会表彰規則(以下「規則」という。)第2条第1項第3号の「多年」とは、20年以に読み替えるものとする。この場合の20年以上とは、断続を含め通算して羽島郡内及び旧川島町・旧柳津町内に20年以上勤務することをいう。

 

2 休職(普通休職、結核休職等)の期間については5割とする。

 

3 羽島郡内の町及び旧川島町・旧柳津町の学校に勤務した期間は加算する。

 

4 親子三代郡内の教育機関に勤務した者。

この場合親子三代とは直系をいい、教諭、事務職員、現業員等を問わない。

 

5 適応の範囲

前記の各号については、県費、町費を問わない。

 

6 推薦者

規則第6条第1項に定めるところによる。

7 推薦書の提出

(1) 規則第6条第2項に定めるところによる。

(2) 規則第2条第1項第3号に該当する者にかかる刑罰等調書は、省略することができる。

 

8 表彰の除外

(1) 同一の条項については、再度表彰しない。

(2) 破産宣告又破産手続開始決定を受けた者。

(3) 刑罰を受けた者。(道路交通取締法関係を含まず。)

 

9 被表彰者の選考

(1) 提出された推薦書に基づき、事務局員職員をもって構成した選考委員会で選考し、教育員会の会議を経て決定する。

(2) 受彰決定者には、文書でもって本人又は団体等に通知する。

 

10 規則第3条第1項第1号「社会教育及び保健体育の振興発展に貢献してその功績顕著」とは、次のことをいう。

(1) 社会教育関係委員として15年以上尽力し、社会教育の進行発展に貢献した者

(2) 社会教育関係団体長とし10年以上尽力し、社会教育の進行発展に貢献した者

(3) 社会教育(含スポーツ)の指導者として15年以上後進の指導育成に努め、その功績が顕著な者

(4) 文学、美術、音楽、演劇、舞踊、茶華道等の業績が顕著な者又は、郷土芸能保存、普及、文化財の保護に功績が顕著な者

(5) 社会教育団体として、設立以来10年以上にわたって活発に活動し、功績が顕著な団体

附 則

1 この要項は昭和56年8月19日から施行し、昭和56年度の表彰から適用する。

2 この要項は平成元年2月14日から施行し、平成元年度の表彰から適用する。

(第1項追加)

3 この要項は、平成9年4月1日から施行する。

4 この要項は、公布の日から施行する。

5 この要項は、平成14年4月1日から施行する。

6 この要項は、平成16年11月1日から施行する。

7 この要項は、平成17年9月1日から施行する。

8 この要項は、平成18年7月1日から施行する。

羽島郡二町教育委員会へ